2006年05月21日

コロンブス

5月20日(日)はコロンブスの500回目の命日にあたります。

コロンブスは、イタリアのジェノバ出身の探検家で、1492年10月12日にヨーロッパ人としては初めて、アメリカ海域へ到達しました。現在のキューバです。

命日を記念して、スペインのバリャドリドでは、コンサートなどの記念の行事が行われています。また、世界中から集まった約100人のコロンブスの専門家によるセミナーも開催されています。スペインの歴史家マルシアル・カストロ・サンチェは、DNA鑑定によって、コロンブスが言い伝え通り、イタリアのジェノバ出身であることを証明しようとしていますが、鑑定結果が遅れているとのことです。未だに専門家の間では、コロンブスの出身地について多数の説があり、スペイン東北地方、イタリアのベニスやコルシカ、はたまたポルトガルという説が唱えられているとのことです。

コロンブスは、合計4回の航海の後、衆人には忘れられて亡くなりましたが、コロンブスの遺体は、スペイン南部にあるセヴィルに埋葬されていることは、前述のマルシアル・カストロ・サンチェによって、既に確認されています。
posted by 特派員ファルシー at 16:02 | Comment(0) | TrackBack(1) | ヨーロッパ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18166424

この記事へのトラックバック

今日は何の日?
Excerpt: 歴史上すごいことがあった日、誰かの誕生日、ごくごく私的な記念日、何でもいいので書いてみてください。
Weblog: 共通テーマ
Tracked: 2006-05-21 18:02