2006年05月31日

アメリカ人は不健康

ハーバード大学の医学部の調査で、米国人のほうがカナダ人より不健康だという結果が得られたと報告されました。この調査は、18歳以上の成人に対する電話による聞き取りで行われました。その結果は、6.7%の米国人が糖尿病であるのに対して、カナダ人は4.7%、高血圧は、米国人18.3%に対してカナダ人13.9%というものです。さらに、21%の米国人が自分は肥満であると答えています。カナダ人は15%でした。

この調査の1ヶ月前には、中年の米国白人は、同年代の英国白人に比べて、はるかに健康状態が悪いとの別の調査結果が発表されたばかりです。

ちなみに、日本のことを考えてみると、現在無自覚な患者も含めて約1,300万人の糖尿病患者がいると推定されています。これは18歳以上人口の12.4%に当ります。18歳未満でも糖尿病患者はゼロではないでしょうが、やはり18歳以上が圧倒的でしょうから、この数字を米国、カナダの数字と比較してみますと、何と2倍程度の高い数字だということが分かります。統計には、色々な不確定要素が含まれていますので、単純に言うことは出来ませんが、日本もかなり深刻な状態であるということは確かだと思います。


情報元:www.cnn.com
posted by 特派員ファルシー at 15:32 | Comment(0) | TrackBack(1) | 北南米
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ハーバード大学
Excerpt: ハーバード大学ハーバード大学 (Harvard University) は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州ケンブリッジにあるアメリカ最古の私立大学である。アイヴィー・リーグの一校。全米屈指の名門総合..
Weblog: 世界の大学
Tracked: 2006-06-04 16:11