2006年06月08日

飛行船でダイアモンド探し

1970年代に作られた「婚約指輪は給料の3か月分」というキャッチコピーで有名なデ・ビアス社は、ダイヤモンド鉱床の探査に、飛行船を使っています。この探査は、現在ボツワナのカラハリ砂漠で行われています。飛行船は、日が暮れると飛行を開始し、6〜7時間の間、砂漠の上空80mを飛行して地下の重力を測定し、キンバーライト・パイプと呼ばれるダイアモンドを多く含む岩石を探します。

キンバーライトというのは、地球上に存在する火山岩の中で、もっとも地下深くからやってきたと考えられている岩石です。ダイヤモンドを産出することで知られており、学術的・経済的に重要な岩石です。

また、デ・ビアス社といえば、世界の宝石用ダイヤモンド原石の取引の7割を独占する南アフリカの会社です。ボツワナも主要なダイアモンド生産地のひとつで、2005年にはデ・ビアス社の生産量全体の45パーセントにあたる3千2百万カラットのダイヤモンドを生産しています。


情報元:today.reuters.com
posted by 特派員ファルシー at 16:07 | Comment(1) | TrackBack(0) | その他の地域
この記事へのコメント
最近嫌な事件多いですね〜なんとかしてほしいものです
Posted by 山本 at 2006年06月09日 16:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18997406

この記事へのトラックバック