2006年07月09日

中国の自動車生産

中国自動車工業協会の最新統計によると、2006年1〜6月の自動車生産台数は363万300台とのことです。2005年同期比29%増で、350万台を突破したわけです。日本自動車工業会の数字によると、2006年1〜5月の生産台数は468万8639台ですから、単純に比較すれば、日本の生産台数の約65%です。また、この数字の伸びがこのまま続けば、2年程度で日本に追いつく計算になります。

実はこの背景に、多くの日本企業が中国への投資を拡大し、中国自動車産業成長の恩恵を享受しているという事実があります。日本自動車部品工業会が2005年11月に実施した調査によると、日本の自動車部品企業の中国における生産拠点は、294社になったといいます。米国内の288社を超え、中国は日本の企業が世界で最も多くの自動車部品生産拠点を置く国なのです。


情報元:www.people.ne.jp
posted by 特派員ファルシー at 19:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | アジア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック