2006年07月11日

睡眠ダイエット

現代人の多くは、睡眠不足の生活を送っていると言われていますが、最近の米国の研究では、睡眠が足りないとホルモンの変化によって、より空腹感を感じ食欲が増進することが分かってきています。特に、肥満の原因となる炭水化物に対する欲求が増すようです。すなわち、睡眠と肥満には密接な関係があるということです。また、体重の増加を抑えるためには、7〜8時間の睡眠が最適であるという研究結果もあります。

日本人の平均睡眠時間といえば色々なデータがあるようですが、概ね7〜8時間の間であるようです。しかし、都会人、特に働き盛りの30代や40代になると、7時間を切るというデータもあります。中年太りが気になりだすその年齢に、睡眠不足に陥りやすいとすれば、これは大きな問題ですね。

十分な睡眠をとって、ダイエットができるということになれば、これほど簡単なダイエットの方法もないでしょうし、色々なダイエットにお金を掛ける必要もなくなるでしょう。


情報元:www.chinaview.cn
posted by 特派員ファルシー at 00:22 | Comment(0) | TrackBack(1) | 北南米
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20597114

この記事へのトラックバック

寝不足解消リラックスティー、お試しサンプル
Excerpt: 「香りをかいだだけで眠くなる」 究極のリラックスティーで、ぐっすり眠ることができます。 ※合成着色料、合成保存料は使用しておりません。
Weblog: 無料・激安〔お試しサンプル〕専門店(健康食品・サプリ版)
Tracked: 2006-07-14 13:07