2006年07月13日

殷王朝

殷王朝は紀元前1600年から1100年頃に存在しました。実在が確認されている中国最古の王朝です。その首都は、河南省安陽県にあり、宮殿遺跡、王の墓、青銅の武器、最古の漢字と考えられる甲骨文字などが発見されています。当時、王は神と考えられ、ト占によって政治を行っていました。

この殷王朝の遺跡が、7月13日に、中国では33番目となる世界遺産に指定されました。


情報元:www.chinaview.cn
posted by 特派員ファルシー at 22:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | アジア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック