2006年07月31日

タイタンの湖

タイタンは、土星の衛星のひとつで、1655年に発見されました。直径5150kmで、太陽系では2番目に大きな衛星です。地球の8割程度の大きさです。表面は濃い大気と雲で覆われています。大気の97%は窒素ですが、2%程度のメタンを含みます。表面気圧は、地球の1.6倍、気温は平均で約-180℃です。この圧力、温度条件ですとメタンは液体で存在します。

米国NASAと欧州のESAが共同で、カッシーニと名づけられた、土星探査機を1997年に打ち上げました。カッシーニは、金星、地球、木星の順でスイングバイを行い、2004年6月30日に土星の軌道に投入されました。その後、2004年12月24日にタイタンにホイヘンス探査機を放出、着陸させてタイタンの探査を行いました。

このカッシーニ探査機から送られてくるデータによって、最近、タイタンの北極付近に湖が発見されました。これは、地球以外の天体で初めて発見された湖です。湖の中身は、液体メタンと考えられています。


情報元:www.sciencedaily.com
posted by 特派員ファルシー at 16:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北南米
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック