2006年08月02日

飛行機搭乗の迅速化

いかに速やかに混乱無く、乗客を飛行機に搭乗させることができるか、ということを真剣に考えている航空会社はあるでしょうか。会社によっては、後部座席の番号を持った乗客から搭乗させるという方法を採用しているようですが。

イスラエルにあるベン・グリオン大学のアイタン・マクマットを初めとする研究者が、アインシュタインの相対性理論をもとにして作られた時空シミュレーターを用いて、この問題について考察した所、座席順を考慮して搭乗させた場合でも、全くばらばらに搭乗させた場合と比較して、あまり違いが無いことを発見しました。

検討の結果、窓側の乗客を優先的に搭乗させることが最善の方法である、という結論が得られました。


情報元:news.xinhuanet.com
posted by 特派員ファルシー at 19:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他の地域
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21829835

この記事へのトラックバック