2006年08月12日

グリーンランドが本当の緑の島に?

グリーンランドは、北極海と北大西洋の間にある世界最大の島です。北緯59度50分から83度37分の範囲に広がり、大部分が北極圏に属しています。982年頃、ノルウェー生まれの赤毛のエイリークが、グリーンランドと命名しました。グリーンラン
ドの名前の由来ですが、それ以前にアイスランドと命名された島への入植希望者があまり現れなかったために、入植希望者を増やすためにグリーンランドと名づけたという説と、命名した当時はまだグリーンランドは暖かく緑が多かったという説があります。

グリーンランドはデンマーク領でしたが、1979年5月に自治政府が発足し、現在はデンマークの自治領となっています。島はほぼ平坦ですが、ほとんどの地域は厚い氷で覆われ、氷の厚さが3000mに達する所もあります。グリーンランドの氷が全て溶ければ、海面が7.2mほど上昇すると言われています。

グリーンランドの氷の溶ける早さが、ここ2、3年の間に急速に上昇していることが、人工衛星の観測結果から明らかになっています。


情報元:www.sciencedaily.com
posted by 特派員ファルシー at 20:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーロッパ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22268611

この記事へのトラックバック