2006年08月21日

身体能力の低下が中国でも問題に

身体能力に関し、日本人選手と外国人選手の間には明瞭な差があり、これが予選を通過できなかった大きな原因の一つであることを、ジーコ監督が会見で述べたことは、まだ記憶に新しいと思います。

身体能力に関するデータとしては、中国が1985年以来過去4回実施した全国青少年体質健康調査でも、身体能力が低下傾向にあることが分かっています。体力低下の主な原因は、自動車やエレベータなどを利用する機会が増え、また力仕事が少ないという現代の的な生活習慣、及び、学校教育が進学重視に偏り、体育の時間が減って、座学授業の割合が増えているの2点と考えられています。

身体能力に関しては、中国は日本と同様の傾向にあるので、今後はオリンピックのメダル獲得数も減るのでしょうか?


情報元:www.people.ne.jp


この記事が、面白かったという方、クリックしていただけると感謝感激です。
人気blogランキングへ
posted by 特派員ファルシー at 19:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | アジア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22630242

この記事へのトラックバック