2006年08月30日

世界最大の旅客機A380 続報

エアバスA380は、エアバス社の最新鋭旅客機で、機体全長73mの全てが2階建て構造になっており、標準座席数は555席の世界最大の旅客機です。2006年7月に、アラブ首長国連邦のアラインで、このA380の高温気候でのテストが開始されました。

エアバスA380は、最後の高温気候でのテストを行うために、エアバス本社のあるフランスのトゥールーズを8月29日朝7時に飛び立ち、チュニジアに向かっていましたが、約30分後に、技術的な問題を理由に飛行を中止し、引き返しました。詳細な原因は発表されていません。


情報元:www.topix.net


この記事が、面白かったという方、クリックしていただけると感謝感激です。
人気blogランキングへ
posted by 特派員ファルシー at 18:40 | Comment(0) | TrackBack(1) | ヨーロッパ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

A380
Excerpt: A380エアバスA380 (Airbus A380) は欧州エアバス社によって製造される世界初の総2階建て、ターボファン4発の超大型旅客機である。式典を開催してお披..
Weblog: まみの記録
Tracked: 2007-10-27 03:42