2006年09月21日

社会民主主義とは

社会民主主義は、複数政党制、議会制民主主義を前提としながら、社会主義における社会的平等を目指し、資本主義経済を漸進的に変革することを目的とする政治思想です。多党制民主主義を肯定していることから、いわゆるソ連や中国の社会主義とは区別されます。また、レーニンが主張したような、暴力革命は全面的に否定しています。西及び北ヨーロッパでは、社会民主主義政党が長期に渡り政権を担当することが多く、福祉・環境・医療などを重視した政策を実施しています。その最も顕著な例がスウェーデンの社会民主労働党政権でした。

社会民主労働党は、9月17日のスウェーデン総選挙で、右派野党連合に敗れ、12年ぶりに政権を明渡すことが決まりました。右派野党連合は、穏健党を中心にしており、党首のフレドリック・ラインフェルトが10月上旬に首相に就任する予定です。


情報元:www.yomiuri.co.jp


この記事が、面白かったという方、クリックしていただけると感謝感激です。
人気blogランキングへ
ランキング広告ドットコムへ
posted by 特派員ファルシー at 16:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーロッパ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24158282

この記事へのトラックバック