2006年10月04日

オゾンホールが今年は最大に

オゾンホールとは、成層圏のオゾン層におけるオゾン濃度が、南極大陸の上空で毎年9〜10月に急激に下がり、穴のあいているようになる現象のことを言います。このような季節的なオゾンの減少は1985年に認識されました。

オゾンホールの2006年の大きさは、過去で最大の2950万平方kmに達したことが報告されました。これまでの最大記録は、2000年の2950万平方kmでした。これは、南極上空の10〜40kmにある成層圏の冬の気温が非常に低かったことが原因であると説明されています。

情報元:www.chinaview.cn


この記事が、面白かったという方、クリックしていただけると感謝感激です。
人気blogランキングへ
ランキング広告ドットコムへ
posted by 特派員ファルシー at 16:57 | Comment(1) | TrackBack(1) | その他の地域
この記事へのコメント
、ェ、ェ、ェ、ェ、ェ、ェ、ェ、ェ、ェ、ェ、ェ、ェ、ェ、ェ、ェ、ェ、ェ、ェ、ェ、ェ、ェ、ェ、ェ、ェ、ェ、ェ、ェ、ェ、ェ、ェ、ェ、ェ、ェ、ェ、ェ、ェ、ェ、ェ、ェ、ェ、ェ、ェ、ェ、ェ、ェ、ェ、ェ、ェ、ェ、ェ、ェ、ェ、ェ、ェ、ェ、ェ、ェ、ェ、ェ、ェ、ェ、ェ、ェ、ェ、ェ、ェ、ェ、ェ、ェ、ェ、ェ。ィ。ィ。ィ。ィ。ィ。ィ。ィ。ィ。ィ。ィ。ィ。ィ。ィ。ィ。ィ。ィ。ィ。ィ。ィ。ィ。ィ。ィ。ィ。ィ。ィ。ィ。ィ。ィ。ィ
Posted by at 2006年12月07日 14:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

最も深刻な状況
Excerpt: オゾンホールが最も深刻な状況に あるそうです(記事)
Weblog: FeelcureBLOG-生活家電&サプリメント&健康(ブログ)
Tracked: 2006-10-04 22:49