2006年11月04日

世界保健機関(WHO)

世界保健機関(WHO)は、1948年に設立された国連の専門機関です。世界保健機関(WHO)の本部はジェネーブにあります。

世界保健機関(WHO)の憲章前文に記述されている健康の定義は、「完全な肉体的、精神的及び社会福祉の状態であり、単に疾病又は病弱の存在しないことではない。」で、かなり広い目標を掲げており、病気やそれに対する医薬品の研究ばかりではなく、健康的な生活の普及にも力を入れています。

世界保健機関(WHO)は11月1日、茨城県のつくば市で開かれた国際会議で、鍼灸(はり・きゅう)治療において使用される人体のつぼ361カ所の位置について、世界の統一基準を制定しました。これは、2003年以来、中国、日本、韓国を中心に力を入れてきた成果です。


情報元:www.people.ne.jp
posted by 特派員ファルシー at 21:40 | Comment(0) | TrackBack(1) | アジア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『ツボ』にも世界基準があるんだね。。。
Excerpt:  yahooニュースから、ちょっと興味深い記事を見つけました。  読売新聞によると、はりやお灸などに使われている、人の体にある361ヶ所の『ツボ』の位置を世界的レベルで統一しようという動きが出て..
Weblog: りっきーのブログ日記
Tracked: 2006-11-05 18:16