2006年11月30日

中国人民元が高騰

中国人民元が、11月29日(水)に7.8394元/USドルを記録しました。

中国人民元は、2005年7月に、一日あたりの変動幅0.3%の変動相場制を採用しました。それ以前は、8.28元/USドルでしたから、1年4ヶ月の間に3.45%上昇したことになります。アナリストによると、中国人民元の今回の高騰の原因は、USドル安と米国の金利低下予測であり、中国の経済が直接の要因ではないようです。


情報元:news.bbc.co.uk
タグ:中国人民元
posted by 特派員ファルシー at 22:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | アジア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28626643

この記事へのトラックバック