2006年12月04日

睡眠不足は記憶力低下をおこす

睡眠不足は、記憶力低下の原因となることを、ラットを使った実験によって、英国の研究者が発見しました。これを防ぐために、昼寝をした方が良いようです。

睡眠不足になると、脳の中で記憶をつかさどる海馬のあたりに、ストレスホルモンを分泌し、これが新しい記憶を蓄える細胞の成長を妨げることが原因となるようです。


情報元:english.people.com.cn
posted by 特派員ファルシー at 21:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーロッパ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック