2007年01月12日

中国の人口

中国の人口が、2033年には15億人に達するという内容のレポートを、中国の国家人口家族計画協会が発表しました。

中国は、1979年以降、いわゆる一人っ子政策を実施しており、現在女性一人当りからの出生数は、1.8人にコントロールされています。そのため人口増加率は、先進国並みの2%を下回る水準になっています。

中国の人口は、現在の抑制策を維持していけば、2010年には13億6千万人、2020年には14億5千万人、2033年にはピークの15億人となるという予測です。その後は、中国の人口は減少を始めます。

中国の人口に関して、今後問題となるのは、人口抑制策の反動として起こる、激しい老齢化です。同レポートでは、2040年代の後半には60歳以上の人口が全体の30%となることが予測されています。


情報元:english.people.com.cn
タグ:中国 人口
posted by 特派員ファルシー at 14:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | アジア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック