2007年01月22日

肥満と心臓病

肥満は心臓病の原因のひとつですが、心臓病になってしまった場合は、却ってあなたの命を守ることになるようです。

心臓病の悪化により入院した10万人の患者について、カリフォルニア大学の研究者が調査したところ、肥満の患者の方が入院中の死亡例が少ないことが分かりました。これは、肥満の人の方が、血液の循環量が減った場合に、これに体が対処できるような代謝量を維持しているというのが主な理由のようです。


情報元:www.newscientist.com
タグ:肥満 心臓病
posted by 特派員ファルシー at 21:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北南米
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック