2007年03月21日

中東でも格安航空券

エア・アラビアは、アラブ首長国連邦(UAE)のシャルジャ首長国にある国営格安航空です。そのエア・アラビアが、3月18日に、中東の航空会社では初のIPO (新規株式公開)を実施しました。公開後の調達資金で路線を大幅に拡充する計画のようです。これを機に、中東でも格安航空による値下げ競争が激化し、ドバイのエミレーツ航空など大手を巻き込んだ競争が本格化すると見られています。

エア・アラビアは、発行済み株式の55%を売却し、25億6670万ディルハム(約800億円)を市場から調達し、機材を2016年までに34機以上に増やす計画です。


情報元:www.business-i.jp
タグ:格安航空券
posted by 特派員ファルシー at 08:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他の地域
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック