2006年09月25日

ブログの普及

ブログ及びSNSの利用者に関する総務省の統計によると、日本では、2006年3月末で868万人がブログに登録しており、716万人がSNSに登録しているということです。これらは、ブログ及びSNSのサービスに登録している人数の単純合計なので、複数ブログに登録している人は、重複して数えられているので、実際の利用者はこの数字よりは少ないと思われます。

ブログに関して、中国インターネット協会が最近発表した数字によると、中国のブログ作成者は1700万人、ブログの読者は7500万人とのことです。この調査の結果から、ブログ広告は十分に商業価値があると期待されています。


情報元:www.people.ne.jp


この記事が、面白かったという方、クリックしていただけると感謝感激です。
人気blogランキングへ
ランキング広告ドットコムへ
posted by 特派員ファルシー at 16:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | アジア

2006年09月24日

イスラム教、断食の月ラマダーン

イスラム教では、ヒジュラ暦と呼ばれる太陰暦を使用しています。これは、閏月の無い純粋な太陰暦なので、30日と29日の月が交互に12ヶ月あり、一年は354日です。従って、太陽暦に対して毎年11日ずつずれて行きます。およそ37年で季節が一巡します。イスラム教のヒジュラ暦9番目の月の名がラマダーンです。

イスラム教では、ラマダーンには断食を行います。日の出から日没まで、飲食を断ちます。タバコも吸うことが出来ません。これは、宗教的な試練であって、満足に食事もできない貧しい人の気持ちを理解するためとも教えています。異教徒には、強制しませんが、断食をしているイスラム教徒の前で飲食を行ったり、タバコを吸ったりすることは、「悪魔の所業」として、厳しく禁止されています。

イスラム教の大きな行事である断食の月ラマダーンが、ほとんどのイスラム教国で、9月23日(土)に始まりました。


情報元:Wikipedia


この記事が、面白かったという方、クリックしていただけると感謝感激です。
人気blogランキングへ
ランキング広告ドットコムへ
posted by 特派員ファルシー at 14:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | アジア

2006年09月23日

太陽

太陽は、ほぼ完全な球体で、中心から中心核、輻射層、対流層、光球、彩層、コロナの各層で形成されています。太陽の表面とは光球を指します。太陽黒点が呼ばれる領域が存在するのも、この光球です。

太陽の一番外側に当るコロナは、太陽半径の10倍以上の距離まで広がっており、皆既日食などでは実際に観測できます。コロナからは、太陽風と呼ばれる高温で電離した粒子が放出されています。太陽の表面温度は6000度ですが、コロナは約100万度という超高温であることが分かっています。これは、コロナ加熱問題と呼ばれる太陽最大の謎です。

太陽の謎などを解明することを目的として、9月23日日本時間の午前6時36分に太陽観測衛星「ソーラーB」を搭載したM5ロケットが打ち上げられました。


情報元:www.nikkei.co.jp


この記事が、面白かったという方、クリックしていただけると感謝感激です。
人気blogランキングへ
ランキング広告ドットコムへ
posted by 特派員ファルシー at 19:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | アジア

2006年09月19日

ビッグマック指数

ビッグマック指数は、英国の経済専門誌「エコノミスト」によって考案されました。

ビッグマック指数とは、全世界で売られているマクドナルドの「ビッグマック」が、大きさや品質がほぼ一定であることから、本来は全ての国で同じ価格で売られるべきであるという仮定の下に、各国の経済力や為替レートの適正度を測るための指数です。日本ではビッグマック1個が280円で販売されており、米国では1個3.1ドルですから、ビッグマック指数は280÷3.1=90.3となります。ビッグマック指数からは、現在の為替レート約118円/ドルは円安過ぎると判断できます。あるいは、日本の物価は、米国に比較して安いとも解釈できます。

ビックマック指数から判断すると、韓国及び中国でも国内のビッグマック価格は米国の価格よりも安いため、今後は、一般的な方向として、ドル安に向かうと判断できます。


情報元:japanese.chosun.com


この記事が、面白かったという方、クリックしていただけると感謝感激です。
人気blogランキングへ
ランキング広告ドットコムへ
posted by 特派員ファルシー at 16:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | アジア

2006年09月18日

上海蟹

上海蟹は、9月から11月頃に、中国江蘇省の蘇州近郊にある陽澄湖や無錫太湖で採れる蟹のことです。その中でも、陽澄湖大閘蟹は、上海蟹の最高級品として有名です。今年も、北京に初物が入荷したようですが、今年は減産となり、価格はやや上がっているようです。日本にも、従来年間50〜60トンが輸出されていますが、今年は、輸出が停止されました。

上海蟹という名は、日本国内でも有名ですが、日本では、中国大陸部から輸入した蟹全てを、上海蟹という一つの名前で呼んでいるようです。これが、最高級の陽澄湖大閘蟹のブランドイメージを傷付けるというのが、輸入停止の理由です。ブランド好きの日本人に対しては、これが逆に良いアピール戦略となるでしょう。そのうち、陽澄湖大閘蟹はとんでもない高値で売られるかも。


情報元:www.people.ne.jp


この記事が、面白かったという方、クリックしていただけると感謝感激です。
人気blogランキングへ
ランキング広告ドットコムへ
posted by 特派員ファルシー at 16:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | アジア

メラトニンは眠りの森のホルモン

メラトニンは、脳の松果腺から分泌される神経ホルモンです。睡眠をコントロールする働きがあると考えられており、昼間はメラトニンの分泌が少なく、日が暮れて暗くなると分泌量が多くなります。メラトニンは化学合成で製造でき、不眠治療薬としてアメリカなどでは普及していますが、日本の薬事法では、製造、輸入、販売は認められていません。

メラトニンは、抗がん効果もあると考えられています。最近、日本の研究者が、昼夜の交代勤務者は、通常の労働者に比較して、4倍も前立腺がんを発病する可能性が高いという研究結果を報告しました。不規則な生活によって、メラトニンの分泌が異常になることがその根拠です。しかし、英国の研究者からは、結論はまだ最終的なものではないとの反論も出されています。


情報元:news.bbc.co.uk


この記事が、面白かったという方、クリックしていただけると感謝感激です。
人気blogランキングへ
ランキング広告ドットコムへ
posted by 特派員ファルシー at 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アジア

2006年09月13日

日本茶で心臓病予防

日本茶、いわゆる緑茶の国内消費は国民一人当りに換算すると、最近は700〜800gでほぼ横這いです。生産面に目をやると、日本茶の農林登録品種は、平成15年時点で53品種ありましたが、「やぶきた」が茶園栽培面積の70%以上を占めています。

日本茶を一日に数杯飲むと、狭心症や心筋梗塞などの心臓疾患の予防に効果があることが、東北大学の医学部による約4000人を対象とした10年にわたる調査で明らかになっています。

情報元:www.newscientist.com


この記事が、面白かったという方、クリックしていただけると感謝感激です。
人気blogランキングへ
ランキング広告ドットコムへ
posted by 特派員ファルシー at 17:06 | Comment(0) | TrackBack(11) | アジア

コンブでダイエット

コンブ(昆布)は、日本人の食生活とは切っても切れない海草ですが、正確には、コンブ目コンブ科コンブ属およびトロロコンブ属に属する、帯形の海藻の一群を指します。日本のコンブ生産量は約12万トンで、その35%が養殖されています。また、天然物の生産量の95%以上は、北海道が占めています。

コンブは、一般に茶褐色ですが、この色はフコキサンチンと呼ばれるカルチノイドの一種の同化色素によるものです。

コンブに含まれるこのフコキサンチンが、ダイエットに効果があると事実をマウスで確認したことを、北海道大学の研究者が米国の化学学会で報告しました。。


情報元:news.bbc.co.uk


この記事が、面白かったという方、クリックしていただけると感謝感激です。
人気blogランキングへ
ランキング広告ドットコムへ
posted by 特派員ファルシー at 16:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | アジア

2006年09月12日

血糖値をコントロールするたんぱく質の発見

血糖値というのは、血液内のブドウ糖の濃度です。健康な人の場合、空腹時の血糖値は、80-100mg/dlで、かなり狭い範囲に収まるようにコントロールされています。

血糖値が上昇した時にこれを調節するのが、インスリンというホルモンです。食事の後などに分泌されて、血糖値を下げる働きをします。

血糖値が逆に低下した場合は、グリカゴン、アドレナリン、コルチゾール、成長ホルモンなどのホルモンが、血糖値の値に応じて分泌されます。人間などの生物は、これまでの歴史の中では、十分な食料を取れずに生命の危機に至る事が多かったため、血糖値が低下した場合は、色々なホルモンが分泌されるメカニズムを持つことになったと考えられています。仮に、血糖値が、50mg/dlを下回ると、大脳のエネルギー代謝が維持できなくなり、最悪の場合は死に至ります。

血糖値を上昇させる働きをする、新たなたんぱく質AIMP1を発見したことを、ソウル大学の研究者が発表しました。


情報元:www.chinaview.cn


この記事が、面白かったという方、クリックしていただけると感謝感激です。
人気blogランキングへ
ランキング広告ドットコムへ
posted by 特派員ファルシー at 17:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | アジア

2006年09月11日

情報収集衛星、打ち上げ成功

情報収集衛星は、日本の安全保障上の情報収集を目的とした偵察衛星です。偵察衛星とは、一般的には、光学機器やレーダーなどを用いて地表を観察する、軍事目的の人工衛星です。「スパイ衛星」とも言います。日本では、法令上は、大規模災害に関する情報収集も目的の一つに含まれます。

情報収集衛星は、光学センサを搭載して画像を撮影する「光学衛星」と合成開口レーダーによる画像を取得する「レーダー衛星」の2機で、ペアを組んで地球を撮影します。光学衛星の解像度は最高1m程度であり、昼間晴天時の写真撮影を行います。レーダー衛星は光学衛星より解像度は落ちますが、夜間および曇天でも画像取得が可能です。

情報収集衛星は、2003年に初めの1組が打ち上げられ、その後2組目は打ち上げに失敗したため、これまで1組でのみ運用していました。しかし、9月11日に、3基目の情報収集衛星(光学衛星)の打ち上げに成功しました。4基目が打ち上げられ、2組が揃えば、地球上全ての地点を一日一回撮影することが可能になります。


情報元:www.nikkei.co.jp


この記事が、面白かったという方、クリックしていただけると感謝感激です。
人気blogランキングへ
ランキング広告ドットコムへ
posted by 特派員ファルシー at 15:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | アジア

2006年09月10日

サウジアラビアでは、外国人も男女席を同じうせず

サウジアラビアは、日本人にとっては、中東の石油の国というイメージが一番だと思います。また、フットボールでも有名でしょうか。サウジアラビアは、1932年9月にイギリスから独立した絶対君主制の国、所謂王国です。王家の名前がサウード家ということから、サウジアラビアというのは、「サウード家によるアラビアの王国」という意味になります。

サウジアラビアの特徴の一つとしては、イスラム教ワッハーブ派を国教として、その他の宗教の信仰は認められていないということです。厳格なイスラム教国ですから、飲酒やポルノはもちろん禁じられております。女性に対しては、自動車の運転が禁じられており、ベールの着用が義務付けられています。

サウジアラビアで、最近、新たな法律が制定されました。この法律によると、外国人を対象にした学校でも、イスラム教の戒律に従い、所謂「男女席を同じうせず」ということが義務付けられました。9月からの新学期から適用されます。


情報元:www.gulf-news.com


この記事が、面白かったという方、クリックしていただけると感謝感激です。
人気blogランキングへ
posted by 特派員ファルシー at 15:54 | Comment(1) | TrackBack(0) | アジア

2006年09月07日

温室効果ガスの放出

温室効果ガスというのは、最近よく耳にする言葉ですが、地球温暖化に密接な関係があります。その名の通り、地表から放射された赤外線を一部吸収することによって、地球に温室効果をもたらす気体のことです。水蒸気、二酸化炭素、メタンなどが含まれ、水蒸気が最も大きな温室効果をもたらしていると考えられていますが、水蒸気の放出量は人為的にコントロールすることが困難なため、削減対象にはなっていません。

温室効果ガスがもたらす地球温暖化防止を議決した、京都議定書の中で排出量削減対象となっているのは、二酸化炭素(CO2)、メタン(CH4)、一酸化二窒素(N2O)(=亜酸化窒素)、ハイドロフルオロカーボン類(HFCs)、パーフルオロカーボン類(PFCs)、六フッ化硫黄(SF6)の6種類です。その中で、メタンは、二酸化炭素の21倍の温室効果があります。

温室効果ガスの排出に関して行われた、米国とロシアの研究者による最近の調査で、温暖化によって解凍しているロシアの永久凍土から放出されるメタンの量は、従来考えられていた量の5倍の量であることが分かりました。


情報元:news.bbc.co.uk


この記事が、面白かったという方、クリックしていただけると感謝感激です。
人気blogランキングへ
posted by 特派員ファルシー at 16:02 | Comment(0) | TrackBack(1) | アジア

2006年09月02日

ハリケーンが台風に変身

ハリケーンとは、北半球の大西洋北部(カリブ海やメキシコ湾を含む)、西経140度より東の太平洋北東部、日付変更線にあたる西経180度〜西経140度の間の太平洋北中部及び、南半球の大西洋南部の4地域で発生した熱帯低気圧のうち、最大風速119km/時以上のものをいいます。2005年に発生し、壊滅的な被害を与えた「カトリーナ」は、まだ記憶に新しいと思います。

ハリケーンの規模は、毎年大きくなっているような感じですが、2006年8月21日に太平洋北東部で発生したハリケーンは西北西に進み、日付変更線を超えたため、台風12号となりました。勢力は一時「カトリーナ」と同レベルに達し、9月3日には日本の東端、南鳥島を直撃する可能性が出て来ました。


情報元:www.yomiuri.co.jp


この記事が、面白かったという方、クリックしていただけると感謝感激です。
人気blogランキングへ
posted by 特派員ファルシー at 15:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | アジア

2006年08月31日

オリンピック

オリンピック、特に古代オリンピックと呼ばれるのは、古代ギリシアのエリスで、4年に一回行われた当時最大級の競技会であり、祭典です。当時ギリシアで開催されていた4大競技会の一つで、そのうちでも最大のイベントでした。オリンピックという呼び名は、エリスの祭神ゼウスの神殿があったオリュンピアの名前が由来で、ギリシャ語ではオリュンピア、オリンピア祭典競技とも呼ばれます。ゼウスが男神であることから、古代オリンピックは、女人禁制で行われました。

オリンピックといえば、2016年の夏季オリンピック国内候補地として、東京都が選ばれました。


情報元:Wikipedia


この記事が、面白かったという方、クリックしていただけると感謝感激です。
人気blogランキングへ
posted by 特派員ファルシー at 15:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | アジア

2006年08月29日

三峡ダム 続報

三峡ダムの建設中に一時的に作られたバリアーが、6月6日(火)に爆発撤去されたことは、以前配信しましたが、三峡ダムの本格稼動前の準備段階として、三峡ダムの最高貯水水位を156メートルに引き上げるためのテストが、8月27日にスタートしました。今回の三峡ダムのテストは、予備技術テストと本テストの2段階に分けて行われます。

三峡ダムの予備技術テストの期間は、8月27日〜9月2日で、44人の専門家による現場視察、資料チェックの他、開発主体の中国長江三峡工程開発総公司や、設計、施工、管理、安全審査などの担当者からの詳細な聞き取りや座談会などが予定されています。

三峡ダムの本テストは、予備技術テストの結果、専門家チームが最終的な意見と提案を提出した後、9月2〜5日に実施されます。


情報元:www.people.ne.jp


この記事が、面白かったという方、クリックしていただけると感謝感激です。
人気blogランキングへ
posted by 特派員ファルシー at 15:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | アジア

2006年08月21日

身体能力の低下が中国でも問題に

身体能力に関し、日本人選手と外国人選手の間には明瞭な差があり、これが予選を通過できなかった大きな原因の一つであることを、ジーコ監督が会見で述べたことは、まだ記憶に新しいと思います。

身体能力に関するデータとしては、中国が1985年以来過去4回実施した全国青少年体質健康調査でも、身体能力が低下傾向にあることが分かっています。体力低下の主な原因は、自動車やエレベータなどを利用する機会が増え、また力仕事が少ないという現代の的な生活習慣、及び、学校教育が進学重視に偏り、体育の時間が減って、座学授業の割合が増えているの2点と考えられています。

身体能力に関しては、中国は日本と同様の傾向にあるので、今後はオリンピックのメダル獲得数も減るのでしょうか?


情報元:www.people.ne.jp


この記事が、面白かったという方、クリックしていただけると感謝感激です。
人気blogランキングへ
posted by 特派員ファルシー at 19:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | アジア

2006年08月20日

オゾン層の回復はまだ先

オゾン(Ozone)は、3つの酸素原子から作られる分子です。酸素分子は、2つの原子で出来ていますから、酸素分子に酸素原子が一つ追加された分子とも言えます。オゾンは、常温では気体で、刺激臭を持つことから、ギリシャ語の臭いを意味するOzo、Ozeinから名付けられました。強い酸化力を持つことから、腐食性が高く、また人体には有毒物質です。

オゾンが地球上で最も多く存在するのは、20〜25kmの高さの成層圏の中で、これが所謂オゾン層です。オゾン層は太陽からの紫外線を吸収して、地上の生態系を保護する役割を果たしています。しかし、冷蔵庫などに使われていたフロンなどの塩素を含む化学物質によって、オゾン層が破壊され、オゾンが希薄な部分が出来てしまいました。これが、オゾンホールです。最近になって、国際的にこの問題が認識され、化学物質の使用が規制され始めたので、オゾン層は回復しつつあります。

2002年に発表された報告書では、2050年までにはオゾン層は1980年のレベルまで回復するということでしたが、最新の報告ではこれが15年ほど遅れて2065年頃になると修正されました。


情報元:www.chinaview.cn


この記事が、面白かったという方、クリックしていただけると感謝感激です。
人気blogランキングへ
posted by 特派員ファルシー at 14:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | アジア

2006年08月13日

中国では、今後、花嫁探しが困難に

中国は、人口増加抑制のために、いわゆる一人っ子政策を採用しています。一方、日本と同様に、伝統的に後継ぎとしての男児を欲しがる傾向が強く、胎児が女児だと分かると、人工中絶を行うケースが増えています。その結果として、男女の出生比率に多大な影響が現れています。100人の女児に対して103〜107人の男児が生まれるのが普通ですが、中国では119人の男児が生まれるということです。

中国の人口と家族計画のための国家委員会は、このままの傾向が続けば、2020年には、約2500万人の男性が花嫁を見つけることができないという予測を発表して、警告しています。


情報元:news.xinhuanet.com
posted by 特派員ファルシー at 15:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | アジア

2006年08月06日

ウコンを含むカレーを食べればボケない?

ウコン(鬱金)は、ショウガ科の多年草です。他の種類と区別するために、秋ウコンとも呼ばれます。英語ではターメリック、中国語ではキョウオウ(姜黄)と呼ばれ、ヒンディー語ではハルディと呼ばれます。インドなどの熱帯アジアを原産とし、濃黄色の根茎を持ちます。このウコンの根茎を、5〜6時間煮た後、2週間ほど天日で乾燥させて、これを粉末状に砕いて使用します。カレーに欠かせない香辛料で、また、黄色の天然着色料として、たくあんなどにも用いられます。ウコンの黄
色を示す色素成分はクルクミンです。

ウコンに含まれるこのクルクミンは、腐敗防止等に効果がある抗酸化物質ですが、シンガポール国立大学の研究者が、アルツハイマー病の原因のひとつと考えられているアミロイド斑の蓄積を抑制する働きもある可能性を報告しています。


情報元:www.newscientist.com



ボケたくない方は、沖縄のウコンを。。。
沖縄一番人気の健康食品はコチラ!
posted by 特派員ファルシー at 14:47 | Comment(0) | TrackBack(1) | アジア

2006年07月24日

世界最大の旅客機A380

エアバス社は、フランス、ドイツ、イギリス、スペインのヨーロッパ4カ国の航空機メーカーが、米国のメーカーに対抗するために、共同で設立した会社です。米国でも、航空機メーカーの整理統合が行われたため、現在、世界で大型旅客機を製造しているのは、エアバス社とボーイング社の2社だけとなっています。

エアバスA380は、エアバス社の最新鋭旅客機で、機体全長73mの全てが2階建て構造になっているのが特徴です。標準座席数は555席で、ボーイング747の412席を大きく上回り、全てをエコノミーにすれば最大では800人以上の乗客を運ぶことも可能です。2000年12月に開発を開始し、2005年4月27日に、フランスのトゥールーズで初飛行をしています。商業運行の開始は2006年末に予定されています。

アラブ首長国連邦のアラインで、このA380の高温気候でのテストが開始されました。


情報元:www.gulf-news.com
posted by 特派員ファルシー at 15:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | アジア